株式会社SAKURUG

News

ニュース

【代表ブログ】育休に対しての考え

2021.04.15

僕の参考にさせてもらってる経営者の方が育休に関しての考えを書かれていたので僕も改めて書こうと思います。

 

結論、どんどん育休を取りましょう。取りやすい環境を作りましょう。

 

当社はまだまだ100人もいない会社ですが、

産休中2名

小学生以下の子持ち13名

と約15%のメンバーがまだまだ小さなお子さんと一緒に生活をしながら仕事も頑張ってくれています。

皆さんとても素晴らしい方々でそれぞれのポジションで本当に頑張ってくれています。

ただ、聞くところによると時短の求人はそこまで多くないようで社会的課題だなと思ってます。

僕も数年前に最初に来て頂いた時には、そんなに子供って熱出すの?とか思いました。

ですが、これ本当なんです。子供は良く風邪をひきます。我々も子供の頃はそうだったはずです。

もし、小さなお子さんをお持ちの方と一緒に働いたことが無い方がいらっしゃれば、下記の3点をお伝えしておきたいです。

 

・子供は本当にすぐに熱を出します。

・時短だと突発的にお願いしたい時に不在の時も。

・夜はコミュニケーション取れないので1日が本当にあっという間です。

 

でも、それでも、僕は入社してくれて本当に良かったと心から思えます。

上記のことが気にならないくらい活躍してくれます。

それ以上に仕事のクオリティが高い、責任感が強い、僕らが知らないことをたくさん知っているんです。

業務はこちらで調整すれば何とでもなります。

実際に前回のキックオフ(社員総会)で総合MVPを取ったのは時短のメンバーです。

 

そして何より、僕が強く思っているのが男性の育児協力です。

今後の日本の為にも、どんどん協力しなければと思っています。

パパは外で仕事してママは家で家事をする、そんな家庭もあると思いますが、それが全てではありません。

何よりも出生率が下がっている現状で、皆んなが子供を産みたい、産んでも働けるし、皆んなで協力し合っていけると思える環境が重要だなと。

皆さんも自分のお父さんとの子供の頃の思い出ありませんか?

僕はたくさんあります。今でも覚えてることがたくさんあります。

子供の為にも社会の為にも、どんどん男性が育児参加する社会に向けて。

 

本日もよろしくお願いいたします!