株式会社SAKURUG

News

ニュース

【支援金インタビューvol.2】志望業界にチャレンジできなくなった今。前を向き、新しい一歩を踏み出していく。

2021.03.13

サクラグが就職活動中の学生を対象に、10万円を支給する「サクラグ就活支援金」。

コロナ禍で学生の収入減が見込まれるなか、就活費用の平均額(※)に相当する10万円を会社が支援する、という取り組みです。

(※)株式会社ディスコが2020年に就職活動をした学生に対して行った調査(対象:大学4年生、大学院2年生/期間:10月1日~6日/回答者:1133人)によると、就活にかかった費用の平均額は9万7535円

今回、見事選考を通過し、支援金の支給が決まった京都の大学に通う3年生、前田さんにお話を伺いました!

 

前田さん:もっと中国語を学びたいという思いから、台湾に留学経験あり。料理が趣味で、シチュー、肉じゃが、親子丼が得意料理だそう!

 

 

就活支援金に応募したきっかけは、採用説明会

サクラグ就活支援金に応募したきっかけは、登録している就活エージェントさんからサクラグ採用説明会に参加してみませんか?と話があって、参加するためにどんな会社なのかな?とHPを調べていく中で、就活支援金の募集をみつけて応募しました!

京都での説明会はコロナで中止になってしまい参加できなかったのですが‥、今はオンラインで説明会をされているんですね!

 

 

オンラインとオフライン、それぞれに思うこと

現在就活中なのですが、就活仲間と全然会えないので、モチベーションを維持することがすごく大変だなぁと感じています。

一人で悩むとついつい深刻に考えてしまうこともあり、そんな時に友達と話すと元気になるので、中々会えないというのは困りました。

オンラインでの説明会は、質問しやすいというメリットはあるんですが‥、オフラインのインターンに参加した際、やっぱり対面っていいなぁ~と感じました。

逆に、コロナ禍だからこそできることもあるなぁと思っています。例えば、説明会もオンラインだと一日2回とか入れられたり、息抜きの時間を作りやすかったりと、時間を有効に使えるというメリットを感じています!

 

 

思い描いていた就活ではなくなった、その中で探す自分の道

コロナ禍での就活について思うことは‥やっぱり、普通に就活を頑張りたかったなぁというのが一番にあります。

私の場合、もともとやりたいと思っていた仕事が航空会社や旅行会社等、コロナ禍がもろに影響してくる企業だったので、自分のやりたいことの幅が狭まってしまったなぁと。

コロナでやりたいことを我慢してしまっている人は多いので、みんながやりたいことに挑戦できたら良かったのになぁと思ってしまいます。

やりたい業界を中途で目指すという道もあるんですが、それでも私が就活を選んだのは、奨学金を全額借りている、ということが大きかったです。金銭面的にも、まずは就活をしようと思いました。今は、航空業界以外にもやりたいことがでてきたので、そちらで頑張りたいと思っています!

 

 

就活に集中するために支援金を使いたい

頂いた支援金の使い道は、SPIや一般常識の本を買って就活に向けて勉強したり、あとは資格試験、そしてこれから面接で増えてくる交通費に当てたいと思っています。お金の問題で面接に行けないとなってしまうととても悲しいので。。

今は、将来を決める大切なときなので、バイトを優先するのではなく、お金に心配せず就活に向かっていきたいと思っています。

そして、自分に合った会社を見つけてやりがいを持って働き、充実した人生を過ごしていきたいという思いが強くあります!

 

 

支援金を使ってほしいのは、前向き・努力家・刺激を与えられる人

もし私が支援金を出せるとしたら、やっぱり、夢に向かっていく人、前向きに取り組んでいる人がいいですね~!

後は、一緒に話をしていて人に刺激を与えられる人かな。私自身、人と話す中で刺激を受け成長するということが多くて。逆に自分もその成長を受けて、誰かに刺激を与えるということもあります。

そして、高い目標をもって、試行錯誤しながら進んでいる人や努力している人にも。自分自身が、コツコツ努力して頑張るタイプなので、そんな人を支援したいなぁと思います!

 

 

同世代&次世代へのメッセージ!

今、とても大変な時期で、私もすごく悩んでいるし、みんなもたくさん悩んでいると思います。自分と同じように悩んでいる人がいるんだと知って、私は頑張ることができています!みんなが、第一志望に合格し、希望するキャリアを描いてゆけることを願っています。

けれど、あまり、背負いすぎずに‥。私もいつも友達と「気楽にいこう~」と話しています。

気楽に、けれど後悔はしないように、共に頑張っていきましょう!

皆がステキなキャリアを描き、充実した生活を送っていけると嬉しいなぁと思います!