【プレスリリース】Sangoport×Famiee 「日本のダイバーシティ&インクルージョン推進に向けた 事業連携協定」締結

〈PRESS RELEASE〉

 

Sangoport×Famiee

「日本のダイバーシティ&インクルージョン推進に向けた 事業連携協定」締結

 

 

D&Iの実現を目指す採用マッチングプラットフォーム『Sangoport』を運営する株式会社SAKURUG(本社:東京都渋谷区、代表取締役:遠藤 洋之、以下 サクラグ)は、一般社団法人Famiee(東京都千代田区、代表理事:内山幸樹)と、「日本のダイバーシティ&インクルージョン推進に向けた事業連携協定」を締結しました。

 

■背景・経緯

日本は、少子高齢化により慢性的な人手不足に陥っており、その規模は2030年には644万人に達すると推計されています(※1)。 一方で、LGBTQ+、シニア、主婦主夫、外国籍等、いま社会が⾒逃している潜在的な就職希望者は1,000万⼈近くにも及ぶといわれています(※2)。

D&Iの実現を目指す採用マッチングプラットフォーム『Sangoport』は、人々が多様性を尊重し個性を活かしながらはたらける社会を目指し2021年11月にリリースされました。本サービスにより潜在的な就職希望者の活躍の幅が広がることで、日本の慢性的な労働人口不足という社会課題の解決が期待できます。

(※1)パーソル総合研究所 (※2)日本財団「就労困難者に関する調査研究」

 

・Sangoport:https://sangoport.tokyo/

 

■協定の目的

本協定は、「パートナーシップ証明書」により多様な家族形態を認める社会を目指すFamieeと、採用を通じて様々なバックグラウンドをもつ人が活躍できる社会を目指すSangoportの連携により、日本のダイバーシティ&インクルージョン推進を加速させ、誰ひとり取り残さない社会をつくることを目的としています。

 

■事業連携の主な内容

FamieeおよびSangoportの強みや特徴を生かせる以下の分野で連携をおこないます。

 (1)Sangoport導入企業に、Famieeが提供する「パートナーシップ証明書」の導入を推進する

 (2)Famiee「パートナーシップ証明書」の導入企業に、Sangoportによる採用・雇用面でのD&I推進サポートを提供する

 

サクラグでは、今後もD&I推進により「ひと」にまつわる社会課題を解決することで、「ひとの可能性を開花させる企業であり続ける」というビジョンの体現を目指してまいります。

 

 

◆会社概要◆

名称     : 株式会社SAKURUG

代表取締役    : 遠藤 洋之

所在地      : 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー21F

事業内容   : ・クリエイティブテクノロジー事業

          ・リクルーティングエージェンシー事業

URL        : https://www.sakurug.co.jp/

一覧へ戻る

関連記事

ENTRY お問い合わせはこちら