株式会社SAKURUG

【お知らせ】SAKURUGグループのこれからの働き方について – 株式会社SAKURUG

News

ニュース

【お知らせ】SAKURUGグループのこれからの働き方について

2020.07.01

SAKURUGグループ(株式会社SAKURUG、株式会社Drive)では、新型コロナウイルス対策のため2020年4月より実施してまいりました原則リモートワークでの就業体制に区切りをつけるとともに、2020年7月よりリモート体制により得られた知見を活かし、新しい働き方の導入を進めてまいります。

 

これまでのリモートワークでの取り組み

サクラグでは2020年4月の緊急事態宣言を受けて、原則リモートワーク対応を実施。

年に2回の社員総会もオンラインで実施したほか、クライアントとの打ち合わせや採用活動のオンライン化も積極的に行ってきました。

また、押印がリモートワークの妨げになることから、脱はんこの為の取り組みとしてクラウドサインなどのツール導入も決定しました。

さらに、リモートワークの実施に向けた取り組みを自社だけで完結せず、社会全体で取り組んでいきたいとの想いからfreee株式会社様の「#取引先にもリモートワークを」アライアンスにも賛同し、発信を続けています。

 

サクラグのあたらしい働き方

1.オンラインとオフラインのコミュニケーションの並走

採用や打合せにビデオ会議ツールを活用することで、場所や時間にとらわれず、自由度の高いコミュニケーションが可能になりました。

それらの利点は活かしつつ、オフラインでの何気ない会話による気づきやメンバー同士の一体感を大切にできる環境を創ってまいります。

オフィス勤務とリモートワークを併用することで、メンバー個々の状況に寄り添いながら、積極的な企業活動を継続します。

 

2.クラウドサイン活用の継続

押印がリモートワークの弊害になることをふまえ進めてきた「脱はんこ」の取り組みは、今後も業務効率化を推進しよりよいサービスを提供するための取り組みとして継続してまいります。

 

新型コロナウイルスによって社会および個人の生活に大きな変化がもたらされました。サクラググループでは、この変化に対応するだけでなく、その中に新たな可能性を見いだし社会に貢献できるよう、持続可能な事業活動に取り組んでまいります。