株式会社SAKURUG

メンバー座談会 – 株式会社SAKURUG

メンバー座談会

cross talk

座談会参加メンバー

メンバー1
  • システムインテグレーション事業部
  • A.H
  • 2018年入社
メンバー2
  • システムインテグレーション事業部
  • J.K
  • 2018年入社
メンバー3
  • システムインテグレーション事業部
  • L.Y
  • 2017年入社
メンバー3
  • システムインテグレーション事業部
  • K.O
  • 2016年入社

TALK 1

学生時代の思い出は?

K.O
一番覚えているのは留学かな。大学2年のときに半年間留学に行きました!僕自身初めての海外だったので、日本とは全然違う文化で刺激を受けたのを覚えています。新しいことを学ぶ楽しさをすごい感じました。
J.K
私も留学です!1か月間アメリカのボストンに行って、勉強もしてたんですけど遊びすぎてしまって・・・帰国後の支払いに苦しんだ記憶があります・・・笑
A.H
私もアメリカに5週間留学に行き、現地の語学学校に通っていました。生徒が私を入れて8人しかいなくて、しかもアメリカ人の先生以外の英語が全然聞き取れなくて苦労しました。街中を歩いていると、本場の英語を聞きとれることが出来たのでそこは成長しましたね。
L.Y
私はひたすらサークルでバンドをやっていました。ギターに夢中になって、大学2年から始めたわりには、サークル内の女子のなかでは一番うまかったかな?って思うくらい努力値が違くて、1日8時間練習する日もあるくらい入れ込んでいました。
座談会中の画像

TALK 2

仕事の面白さ、学生時代との違い

A.H
学生時代はある程度、決まったことをやるっていうのが多いですが、仕事となると色々試行錯誤しながら自分でつくり、評価やフィードバックを頂けるところは結構楽しんでやっているのかなと思います。
現在営業事務の研修中で、営業資料を作成したり、既存の資料を新しく見直したりをしているのですが、ヒントがちょっとずつあるなかで、自分で作ってみて上の方に提出し、戻ってきたものが人の修整が加わっていたりすると、自分のこういうところがダメだったんだなとか、逆に今回の資料はよかったですよ!と言われたりすると、今回はこうしようとか早いレスポンスのなかでちゃんと解決して行けるところを体感できているところが、学生時代のアルバイトと違い社会人として仕事をしていて楽しいと感じます。
J.K
学生の頃は1~10まで指示があって、1やったから2をやるみたいな指示通りに動く感じでしたが、入社して仕事をするようになり、1から2じゃなくて1から3になることもあるし、人とのやりとりのなかで、手順が変わったり難しいけど楽しいかなってところがあります!私はもともと人と話すことが好きなので、仕事のなかで人と接する機会は楽しんでいます。
L.Y
私はどっちかというと学生のときの方が、好きな事を結構アクティブにやってみるほうだったので、指示がなくても自分から行動するタイプでした! 逆に仕事を始めて指示がないとわからない、怖いってところがあって。新卒1~2ヵ月の間は先輩社員に質問しまくりってくらい聞いていました。
仕事のやりがいは数字をのせたときです。最初は自分の数字って感じだったんですけど、だんだん2年が経ち、会社全体の利益とか考えるようになると、それこそ粗利を大きく出たときは嬉しいですし、エンジニアが希望しているプロジェクトに決められたときが嬉しいです!
K.O
一番変わったのは責任感かなと思います。大学生のころはレポートの提出期日とか、なんだかんだ先延ばしにしても怒られるくらいで大事にはならないけど、仕事には期日があって、自分がやらなきゃいけない仕事はFIXされているのでその辺が学生と違うなって一番感じているところです。その分やってて楽しいのは、数字を達成できたことはもちろん、やったことを認められる達成感、またマネージメントをしていて他のメンバーが成長できているという達成感は学生時代じゃ得られないところかなと思います。

TALK 3

今後どういう人になりたいか、どんな先輩社員になりたいか?

J.K
私はまだ入って3ヵ月目に入ったところなんですけど。3ヶ月目でやっと業務に入れたので、教えてもらうことはまだまだ多いのですが、先輩たちに随時聞きながらやっています!来年4月に入社してくる子たちの質問に答えられるように、この1年間で自分が疑問に思ったことをどんどん聞いていきたいと思います!
K.O
皆がどうしたら働きやすくなるかなとか、もうちょっと業績をあげるにはどうしたら良いのかとか、色々考えながら仕事したいなと思います。もちろん新卒の子は右も左もわからず入ってくると思うので、丁寧に説明してあげるっていうのをしていきたいと思うし、あとは自分としてはできないところも減らしていく、少しでも上のメンバーが楽をできるように、自分のできることを広げれるように意識しながら働きたいなと思っています!
A.H
これから営業事務として、皆さんがスムーズに仕事できるようにどうまとめていくかとか、社内体制をどういう方向にするかなどを考えています。 色んなことに興味があり、その中でも仕事に関する勉強はもっと意欲的にやっていきたいと思っています。どうしたら働きやすいとか、時間短縮をできるようにするためにはどうしたら良いかなど、この1年の目標を立てて2年以降はその改善をしたいです。
L.Y
私は全業務をこなすより、得意な業務を伸ばした方が貢献できるかなって思います。数字の部分に一番集中するほうが自信が付いてやりがいがあるし、こんくらい見込んで任せられる!と思われるようになりたいです。あと、営業はトラブルがつきやすい業務なので、すぐフォローに周れるようになることが一番の課題です。まだまだ、トラブルがあったときに先輩に聞いて解決することもあるので、ひとりで解決できるようになりたいです。後輩のトラブルにもアドバイスできるような先輩になりたいです!
座談会中の画像

TALK 4

入社前・入社後のイメージ

L.Y
私は割と変わらなかったです。選考中に社内イベントに参加させていただいていた時の雰囲気とそんなに相違はなかったです。はじけるところと仕事モードは真剣で全然違うところが良い意味でギャップでしたね。2人が一番新鮮な記憶なんじゃない?
J.K
私もギャップ自体はなかったです!入社前にイベントに参加して、皆さんが好きで入社したっていうのもあったのですが、さすがに仕事となると営業ってピリピリしている空間になるのかな?って思っていたんですけど、それぞれがライバルというよりはそれぞれが仲間という感じで同じ目標に向かっている、いい意味でギャップを受けたかなっていうのはあります。社内が無言になる時間があまりなくて。私は無言の空間があまり得意ではないので、そこが入ってよかったと思うところです。
A.H
私もあまりギャップはなくて、入社前に何度かイベントに呼んでもらったとき、皆さんに気さくな感じで接して頂きました。入社してみると、みんな和気あいあいと目標に向かって仕事しているなと思ったので、イベントで見ていたような仲の良さが日常にあるんだなと、すごく良い環境だなと思います。
K.O
ギャップというとちょっと違うんだけど、皆よりちょっと社歴が長いから、入社したタイミングと今って考えると全然変わったなってすごく思っています。
人数も増えたし、会社が移転してどんどん良くなっているなと思っているし、自分が入社を決めたときはもちろん、当時の良さっていうのがあったんだけど、今と比べると全然今の方が充実しているし、今の会社の雰囲気とか勢いがどんどんついているなって。いい意味でのギャップはあります。

TALK 5

就活で頑張っている人へのメッセージ

J.K
私は息抜きしながらやっていました。就活に集中させる週を作って、1日2日は思いっきり休んで次の日からがんばるみたいな。合間合間でやっていました。
ずーっと就活に集中して終わったら遊ぶ!じゃなくて、それだと持たないと思うので、合間でやったほうが良いと思いますね。息抜きしながら頑張ってください。就活が終わったら、沢山旅行に行ったほうが良いと思います!
L.Y
私は判断基準が、説明会や選考の時点でインスピレーションを感じるかどうかというところがあって。ここは良い!違うかも!みたいな自分の勘でやっていました。まずは自分の判断基準と、どこで選ぶかを明確にしたほうがいいと思います!
私は結構社内の雰囲気、働く人、働き方とかも重視してみていたので、それぞれ譲れないポイントを抑えて行くと良いと思います!
A.H
私も判断基準は人それぞれだと思います。やりたいこととかこれから先どうなって行きたいとかを、人に話すのって大事かなと思っています。
自分の中でしか整理出来ないことを言葉に出すと、頭の整理が出来るので、面接の時に自分は将来なりたい姿をに近づくためのヒントが得られたりとか、自分の場合は結構それがあったので色んな人と話すって、就活中すごく大事だと思いました。
K.O
楽しむことかなと思います!皆同じ世代が、同じタイミングで就活を始めていると思うので、どういう軸で選考を受けているとか就活生は同士で話すのも面白いと思いますし、自分がこの会社に入ったら、どう働くんだろうとかイメージしながら、社員さんと色々話してみるとか、色んな業界、色んな業種を見てみるとか、せっかくの機会がなので色々楽しんで選考進んでもらえたらなと思います!