株式会社SAKURUG

News

ニュース

【内定者ブログ】学生は時間があったな〜。とはならないように

2020.12.23

新年あけましておめでとうございます。

21卒内定者の古小路です。

 

年末年始、みなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は実家に高齢の親戚がいるため、感染を懸念し、今年は帰省せずに友人と過ごしました。

ですが、せっかくのお正月でしたので友人と折半して、高級なおせちを入手し、ガ〇使を見ながら、ちょっぴり贅沢に新年のスタートを切りました。笑

 

毎年、年頭には家族と共に新年の抱負を書き初めするのですが、昨年は「晴雲秋月(せいうんしゅうげつ)」、純真でけがれのない心を持つことを掲げました。

特に達成できた実感はありませんが、私は常にこころが綺麗なのでおそらく達成できてます。はい。

 

では、今年の抱負です。

今年は「一寸光陰」にしたいと思います。

この四字熟語は、「一寸の光陰軽んずべからず」という形でよく使われます。

少しの時間も無駄にしてはいけない、という意味です。

大学では卒業論文も提出し終わり、かなり自由な時間が増えました。

 

他の同級生も単位をとり終えている限り、同じだと思います。

この時間を如何に有意義に使うか、が残りの学生生活で重要です。

私は、今までの知り合いに片っ端から会ったり…、資格の勉強をしたりしています。

4月からは、自由な時間も減るのでその中で何ができるかが来年をどれだけ充実させるかの鍵になってきます。

同期との接点も増えてきて、ますます来年から社会人になる実感が湧きました。

というか、同期が全員雰囲気良すぎて早く一緒に働いてみたいです。

入社して一年目は、営業でうまくいかないことや、初上京で必ず辛い一年になります。

時間を無駄にしないことを今のうちに習慣化させて、今年は頑張ります!!

 

では、有り難うございました。